2005年02月21日

アディクト・・不思議な香り

ad.jpg

一時期、甘いフローラル系にはまっていた時期がありまして・・・。
それはなぜかと言いますと、職場の人が私以外、全て中年男性で、
いつの間にやら、私までもオヤジになっていたのです。
いいえ、オヤジギャグをいうオヤジに向って、また、オヤジギャグを
返していたので、オヤジを超える、オヤジキングだったのでしょう〜

そんな自分にいい加減、うんざりしていて、
香水だけでも女らしいものと、フローラル系を求めていたのでした。
そして、それはどんどんとエスカレートし、オリエンタルな濃い
フローラルがほしい!に変わっていったのでした・・・

っで、「アディクト」。

正直、これ大好きっていう方はあまりいないかもしれません。
付けた瞬間は、オヤッ?と思うぐらい柑橘系のさわやかさ。
けれど、すぐに押し寄せるフラワー達。(これバニラなんでしょうけどね)
思い浮かぶのは、暑いアジアの夜。路面の屋台のような花屋さん。
暗い中にぽっかりと浮かぶ大輪の赤に近いピンクの花。

かなり濃いバニラの香りです。
だけど、嫌いになれない香りなんです。
やわな甘さではないんですね〜
にがみがあるような、不思議な香りです。

昼間はあわないでしょうね!
私は会社につけて行きましたけどね〜わっはっは〜
う〜ん、いつがいいのでしょう・・
あえて、真夏の眠れない夜が良いかも。眠れないのは覚悟でね。
苦しみながらつけてください。そんな熱い香りです。
これに負けないぐらい熱い方にオススメします。
でもつける人のイメージって、白い肌に黒い髪の人なんですよね〜

なんじゃそりゃ?
本当に不思議な香水です。
posted by たまご at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 香水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。